ロフテー枕工房

機能・構造・素材 ロフテー快眠枕とは?

一人ひとりに合った枕 ロフテー快眠枕

どうして頭の形や身体の大きさが違うのに、枕は同じなの?

そんな疑問から、「ロフテー快眠枕」は生まれました。
「ロフテー快眠枕」は理想的な寝姿勢を保つために、高さ、素材の組み合わせから一人ひとりに合った枕を選ぶことができます。

高さ×素材
ユニット構造
頸部支持構造

ロフテー快眠枕は5つのパーツが連結されたユニット構造*
中身のかたよりがない構造で、首筋をやさしく支えます。中央のユニットは中身の量が少ないので頭の丸みを自然に受けとめます。両サイドにも適度な厚みがあり、寝返りにも対応しています。

* ユートピアを除く。

  • 両サイドは高めなので、横向きでも楽に寝られます。
  • 中央は低めなので、後頭部が自然にフィット。
  • 高さの基準となるユニット。首筋をやさしく支えます。

※ユニット間の隙間ができにくく、寝返りしてもずれたりしません。

理想的なかたち
自分にあった枕の高さ

枕の高さは、体型や頸椎弧(首の部分のカーブ)の深さなどによって人それぞれです。
ロフテー快眠枕は高さが5段階に分かれています。ご自身に合った高さを選びましょう。

好みに合った素材

枕の素材にはいろいろあります。感触、音、香りなどが自分の好みに合っていることが大切です。なるべく使いなれた素材を選ぶとよいでしょう。

やわらかめの素材 かための素材