ロフテー

いびきの対処法とは?

いびきの気になる症状の原因・メカニズムと枕の関係性

いびきは枕で解消できる?!
快適な眠りがもたらすいびき対策に注目しましょう。

いびきが発生する原因・メカニズムとは?

人口の35〜45%が「いびきをかく人」といわれています。いびきは、決して人ごとではなく多くの人が抱える悩みなのです。では、どのようなメカニズムでいびきをかくのでしょうか。原因となるのは呼吸時に空気の通り道となる上気道。その道が狭くなることで空気抵抗が高まり粘膜が振動して音を出します。それがいびき。メカニズムとしては「トランペットを吹いて音を出す」のと同様だそうです。

なぜ、上気道が狭くなってしまうのか? そこには寝ているときの姿勢が大きく影響しているのです。仰向けに寝ると重力によって軟口蓋や舌の付け根などの組織がノドの奥に落ち込むことで上気道を狭くしてしまいます。加齢や体型なども原因となりますが、寝ることで身体はリラックスし筋肉もゆるんだ状態になり、よりいびきをかきやすくなるそうです。

寝る姿勢と気道の確保。枕がいびきに与える影響とは?

注目すべきは、寝る姿勢です。仰向けに寝ることで上気道を狭くし、よりいびきをかきやすい状態にしているということは、別の寝姿勢であれば上気道を狭くすることを軽減できる可能性があるのではないでしょうか?

元より枕は仰向けに寝ることが基本と考えられています。ですが、いびき対策を課題にすることで、その発想は大きく変化したのです。ロフテーは睡眠科学の権威である千葉伸太郎先生(太田睡眠科学センター兼慈恵医大准教授)と共に、いびきに着目した新しい枕(ボディピロー)を開発しました。

海外ではすでに睡眠の質を向上させる「体位治療」として認知されてきている“横向き寝”を取り入れ、「枕を変えることによって、いびき対策に効果を与える」ことに成功しました。

『ボディピローいびき』は、仰向け寝がしにくく、自然に横向き寝へと誘導する設計ですので、仰向け寝でいびきをかく人、横向き寝でいびきが軽減される人におすすめです。

いびきを軽減する眠り方と睡眠時無呼吸を伴う危険ないびき

いびきはただうるさいだけではありません。
いびきは睡眠時無呼吸など健康に影響を及ぼす危険があります。

いびきを少しでも軽減する。横向き寝がいびきに与える影響とは?

仰向けに寝るといびきをかく人の多くは、寝姿勢を変えると軽減できる場合があります。リラックスして筋肉がゆるみ、重力によって軟口蓋や舌の付け根が落ち込んでしまうならば、その方向を変えればいびきを軽減できるはず。仰向けに寝るのではなく“横向き寝”を維持できるようにする枕があればよい。しかし、そこには問題もありました。肩に圧力がかかりやすい横向き寝を継続するだけでは、朝まで快適に眠ることができないケースも考えられます。それではいびきが軽減できたとしても意味はありません。ロフテーは千葉伸太郎先生(太田睡眠科学センター兼慈恵医大准教授)と共に横向き寝姿勢を安定させ、肩や腕にも負担がかからない構造を取り入れたボディピローを開発。「睡眠の質」を向上させながら、いびきの悩みを解決する方法を模索しました。

睡眠時無呼吸症候群。いびきを軽視してはいけない理由とは?

睡眠時無呼吸症候群。睡眠中に無呼吸状態が繰り返される病気です。現代では、もう知っている人も多くなった病気ですが、実は“潜在患者”がまだまだたくさんいると推測されています。なぜなら、寝ている間のことなので、無呼吸であっても気づきにくいためです。

寝ているときに起こる無呼吸ですが、知らず知らず引き起こされた睡眠不足は、起きているときの活動にも大きな影響を及ぼす可能性があるので注意が必要です。そして、いびきは睡眠時無呼吸症候群の2大要因の1つ「気道の閉塞」と大きな関係があります。

睡眠時無呼吸症候群の患者さんの9割程度は、この気道の閉塞タイプに該当します。そのはじまりは、いびき。やがて気道が完全にふさがれてしまうと、いびきも止まり無呼吸になるのです。つまりいびきは重要なサインです。ただうるさいだけと軽視していては大変なことになりかねません。

いびきでお悩みの人におすすめするロフテーの「ボディピロー」

枕であって枕にあらず?! 快適な睡眠を
様々な角度から考え開発されたいびき対策枕です。

太田睡眠科学センターと共同開発したいびき対策の抱き枕「ボディピローいびき」

多くの人々が抱える睡眠の悩み「いびき」を軽減するために、ロフテーは睡眠研究の権威である太田睡眠科学センターの千葉伸太郎先生と共に、いびきに着目したボディピローを開発しました。

「睡眠の質」を上げながら、いびきの悩みを解決する方法を模索しました。

ボディピローいびきは、5つの特長を待っています。1つめの特長は「横向き寝姿勢を安定させる」特殊設計です。いびきの原因となる仰向け寝を回避し、横向き寝に安定させるために、頭部を乗せる部分を高めに設定し、横向き寝でも身体への負担が少なくし無理なく入眠をサポート。大きめに設計することで足元までしっかりと支えられる構造になっています。2つめの特長は「横向き寝でも快適な体圧分散」設計。横向き寝で起こりやすい、肩への負担、足元の不安定さなどを解消し朝まで快適に睡眠がとれます。3つめの特長は「腕への負担軽減」構造。腕を通す部分にやわらかめのポリエステルわたを使用し、腕への負担を軽減した構造に。横向き寝での快適な睡眠をサポートします。4つめの特長は、横向き寝をキープする「スナップボタン」の採用。足元のスナップボタンを留めることで、背中をしっかり支えることが可能に。横向き寝を無理なくキープできます。5つめの特長は「優れた通気性」。肌が多く触れる部分にエアウィーヴのエアファイバーを使用することで、バツグンの通気性を発揮。夏は蒸れにくく、冬は暖かさを保ちます。

横向き寝での快眠をサポートする「ボディピローいびき」で、いびきから解放された健やかな眠りをご堪能ください。

体圧を分散させ、より快適な睡眠をサポートするロフテーのボディピローシリーズ

「ボティピローいびき」の他にも、ロフテーはボディピローの充実したラインナップを用意しています。何といってもロフテーは“抱き枕のパイオニア”として、様々な人の寝姿勢や体型にあったボディピロー形状を開発し提供しています。ぜひお試しください。

ボディピローはこちら

※「ボディーピローいびき」は、横向き寝をサポートし仰向けになりにくい設計になっており、横向き寝になるといびきが軽減する方におすすめです。この商品は医療用器具ではありません。睡眠時無呼吸症候群の方、あるいはその疑いのある方は、ご使用前に専門医にご相談ください。また、ご使用の際に、肩や首への違和感、その他身体に不具合が生じた場合にはご使用を中止してください。

店舗一覧・ご予約

『ロフテー枕工房 直営店』では
専門資格を持ったピローフィッターが
お客様一人ひとりにあった枕をご提案いたします。
ゆっくりお試しいただけますように
専用サイトよりご予約いただけます。

肩ストレッチ枕

肩ストレッチ枕

10人に1人が自覚症状を持つ、
肩こりに特化した機能性枕

枕ギフトリニューアル

枕ギフトリニューアル

12月初旬発売開始予定
想いが伝わるオーダーメイドの贈り物

あなたの睡眠をチェック

あなたの睡眠をチェック

あなたの睡眠のタイプをチェックして
最適な枕を選びましょう

ロフテー快眠セミナー

ロフテー快眠セミナー

季節の変わり目、睡眠で体調を整える

pagetop