ロフテー

ニュースのお知らせ一覧

脳科学者・中野信子が考える「眠り」のチカラ#2 夜型人間だっていいじゃない


#2 夜型人間だっていいじゃない
脳科学者 中野信子さん
脳科学者 中野信子さん
脳科学にまつわる多数の著作を発表し、人の行動や思考の習性について解説を重ねてきた中野信子さん。実は、ロフテーのLT-010(キューブ)を愛用しています。中野さんが枕選びにこだわるのは、睡眠の重要性をよく知っているから。
この連載では、中野信子さんが考える眠りのチカラについて紹介していきます。

朝型人間以外が「だめ」なわけではない

日本人は真面目な方が多いので、朝起きられないことを「だめなこと」と捉えがちです。しかしもともと人間には早起きが得意なタイプと、夜遅くまで元気でいられるタイプがおり、これはある程度遺伝の影響を受けているといわれています。

こうしたタイプのことをクロノタイプと呼びます。クロノタイプは朝型が1割、夜型が1割。残りの8割の人々はどちらでもないため、生活習慣などに影響を受けて一日のリズムが決まっていきます。

生まれもったクロノタイプは変えることが難しいため、生活リズムを無理に変えようとしてもあまりいいことはありません。
例えば、夜型のタイプに朝早くから勉強や仕事をさせようとしても効率が落ちるだけ。逆に朝型のタイプが夜遅くまで頑張っても思うように成果はあがらないはずです。実際に、朝型のスポーツ選手はナイトゲームでは成績が落ちるという話があります。

ですから、夜型の人が朝ゆっくり寝ていることは決して怠惰なのではありません。自分の身体にあった時間に活動する方が合理的なんです。子どもの教育者やアスリートの指導者などは、この点をよく理解してあげる必要があるでしょう。むやみに叱ったり、朝型の生活を強制したりするようなことがあれば、その人の良さは埋もれてしまいます。
今の生活があまり身体に合わないと感じているのであれば、まずは生まれ持ったリズムを知ることが大切です。

なぜ朝に出勤しなくてはいけないの?

そもそもの話として、朝無理に身体を起こして、満員電車に揺られ、定時にあわせて通勤・通学するという生活は理にかなっているのでしょうか。コロナ禍によってリモートワークが普及したことで、皆さんも気づきはじめているのではないかと思います。社会が強制的に時間と身体を拘束することの無意味さについて。
朝早くに出勤をさせるのは、朝礼のためなどではないですか?顔を突き合わせなければ情報伝達が難しかった50年前には、確かに就業前に社員が一堂に会することは合理的でした。しかし、今の時代ではどうでしょう。一方的な情報伝達であれば、オンラインで充分です。出勤は必要な時間に必要なときだけに抑えれば、満員電車で疲弊する必要はなくなります。夜型の人であれば、朝はできるだけゆっくり起きて自分が一番力を発揮できるタイミングで働く方が業績を伸ばせるのではないでしょうか。

体内時計と社会的に要請される時間軸のズレをソーシャルジェットラグ(社会的時差ボケ)と呼びます。合わない時間帯で生活することは、時差ボケの状態で生活していることと同じなのですね。

私たちが人それぞれに異なる体内時計を持っていることがわかった今、社会における時間の使い方も変わっていくべきだと思います。

脳科学者の中野信子さんの他のコラムも読む

#3 宵っ張りのティーン・エイジャー

脳科学者・中野信子が考える「眠り」のチカラ

#3 宵っ張りのティーン・エイジャー

2022/7/1

#4 眠れよ、人類

脳科学者・中野信子が考える「眠り」のチカラ

#4 眠れよ、人類

2022/8/1

#5 睡眠という最高の癒やし

脳科学者・中野信子が考える「眠り」のチカラ

#5 睡眠という最高の癒やし

2022/9/1

#6 昨日眠った自分は、今朝起きた自分と同じ?

脳科学者・中野信子が考える「眠り」のチカラ

#6 昨日眠った自分は、今朝起きた自分と同じ?

2022/10/1

【リリース】「夜型人間だっていいじゃない」 脳科学者 中野信子の睡眠コラム公開 

エアウィーヴグループの枕専門ブランド、ロフテー株式会社(東京都千代田区 代表取締役社長 吉川正、以下「ロフテー」)は、「眠りのチカラ」と題して脳科学者の中野信子さんのコラムページを2022年5月19日に開設しました。

 

脳科学者 中野信子の睡眠コラム
大きく変化した日常に適応するため、従来の生活習慣を変えてきた人は多いですが、知らないうちに溜まったストレスを抱えながら新しい日常と付き合うためには、どのように心掛けていくと心身ともに健康的に過ごせるのか。ロフテーは枕専門ブランドとして、脳科学者の中野信子さんが語る、睡眠のあれこれを6回にわたり配信します。働く時間帯のお話しや教育に役立つ睡眠の知識等、暮らしをより良くするヒントが満載のコラムです。

「ロフテースタンダード LT-010」を愛用中の中野さんは、「眠ることを楽しみにできるようにしましょう」と繰り返し、「私はきちんと計測してから選んだ枕を使用しているのですが、この枕を使うようになってから毎晩頭を沈める瞬間が楽しみになりました。とても心地がいいんです。(一部抜粋)」と、自分に合った枕で眠ることの重要性を伝えています。


>>脳科学者 中野信子が考える「眠り」のチカラ コラム一覧はこちら

 

▼ロフテーとは
創業94年。百貨店を中心に全国に52店舗を展開。枕の専門知識を持つピローフィッターが在籍する枕の老舗メーカー。首のカーブに合わせて枕の高さを選ぶコンサルティング販売を日本で初めてスタートさせました。お客様の睡眠の悩みに寄り添いながら、一人ひとりにフィットする枕をご提案いたします。

 

■プレスリリース(PDF)はこちら
「夜型人間だっていいじゃない」脳科学者中野信子の睡眠コラム公開

 

【本件に関するお問い合わせ先】
ロフテー株式会社 広報担当 佐伯
TEL:03-6281-8341 MAIL:pr@lofty.co.jp

脳科学者・中野信子が考える「眠り」のチカラ#1 眠れなくなった私たち


脳科学者 中野信子さん
脳科学者 中野信子さん
脳科学にまつわる多数の著作を発表し、人の行動や思考の習性について解説を重ねてきた中野信子さん。実は、ロフテーのLT-010(キューブ)を愛用しています。中野さんが枕選びにこだわるのは、睡眠の重要性をよく知っているから。
この連載では、中野信子さんが考える眠りのチカラについて紹介していきます。

私たちの眠りをコントロールする「光」

厚労省の調査によれば、現代の日本では5人に1人が「眠れない」「睡眠で疲れがとれない」といった眠りに関する悩みを抱えています。

その理由の一つが、夜が明るすぎること。現代ではベッドに入る寸前まで部屋の明かりが煌々とついていることはほぼ当たり前ですし、リラックスタイムに光を放つ電子媒体を見つめていることは珍しくありません。そして、この夜間のスマホやタブレットの使用が特に入眠を妨げるものになっています。

人の身体にはリズムがあり、さまざまなホルモンがこのリズムを刻むのに役立っています。夜に眠気を誘うのはメラトニンというホルモン。現在では不眠の方向けに医薬品(一部海外ではサプリメント)として発売されていますが、本来は体内で合成される物質です。

メラトニンは、セロトニンという物質が変化することで生成されます。セロトニンは朝に光を浴びることで生成されるホルモン。これがおよそ15時間後にメラトニンに変化するのです。朝7時に起きて朝日を浴びると、ちょうど22時ごろから眠気がやってくる計算になります。

ところが、夜間になってもスマホなどの光を見つめ続けているとメラトニンがうまく合成されません。逆に目を覚ましてしまうセロトニンが再び増えてしまい、脳が活動をしようとしてしまうのです。これでは、眠ろうとしてもうまくいきません。眠気がやってこないわけですから。

さらには、近年はコロナ禍で外出の機会が減ったことでセロトニンが生成される機会が減ってしまいました。メラトニンの原料がないわけですから、やっぱりうまく眠ることができなくなるのです。
コロナ禍においては人に会えないことのストレスや運動不足などさまざまな不調の理由が発生していたと思いますが、睡眠のリズムが乱れたことによる不眠もかなりの不調の原因になったことでしょう。

#1 眠れなくなった私たち

まずはぼうっと朝日を浴びてみる

このように生じる不眠への対処方法は大きくわけて2つ。朝に日光を浴びることと、夜は光をみつめすぎないこと。

まず、朝に日光を浴びることですが、とくに気合を入れたことをする必要はありません。毎朝外に出て運動をしてくださいとおすすめもできますが、現実的には、多くの人は継続的に行うことが難しいようです。とにかく、カーテンをあけて光を感じてみましょう。寝ぼけ眼でぼうっとしているだけでも充分です。ゴミを出しに行くことができれば、なおいいと思います。

それから、夜はできるだけ目に入る光の量や強さを抑えてください。スマホやタブレットをどうしても使用したい場合はブルーライトカットの製品やアプリを使ってみましょう。いくらかはマシになるはずです。

禁物なのは「夜はちゃんと眠らなければならない!」とプレッシャーをかけてしまうこと。肩に力が入ってしまうとますます眠りから遠ざかってしまいます。「眠らなければならない」ではなく、「眠りたいな」と自然に思えるようにまずは自分をリラックスさせられる方法を探してみるといいと思います。
お気に入りの音楽を流す、アロマを焚く、肌触りの良いパジャマを着たり、身体にフィットする枕を使ったりするなど、ベッドへ行くことを楽しみにできる環境づくりをすることがおすすめです。

脳科学者の中野信子さんの他のコラムも読む

#2 夜型人間だっていいじゃない

脳科学者・中野信子が考える「眠り」のチカラ

#2 夜型人間だっていいじゃない

2022/6/1

#3 宵っ張りのティーン・エイジャー

脳科学者・中野信子が考える「眠り」のチカラ

#3 宵っ張りのティーン・エイジャー

2022/7/1

#4 眠れよ、人類

脳科学者・中野信子が考える「眠り」のチカラ

#4 眠れよ、人類

2022/8/1

#5 睡眠という最高の癒やし

脳科学者・中野信子が考える「眠り」のチカラ

#5 睡眠という最高の癒やし

2022/9/1

#6 昨日眠った自分は、今朝起きた自分と同じ?

脳科学者・中野信子が考える「眠り」のチカラ

#6 昨日眠った自分は、今朝起きた自分と同じ?

2022/10/1

脳科学者 中野信子が考える「眠り」のチカラ

脳科学者・中野信子が考える「眠り」のチカラ

#コラム

#2 夜型人間だっていいじゃない

脳科学者・中野信子が考える「眠り」のチカラ

#2 夜型人間だっていいじゃない

2022/6/1

#3 宵っ張りのティーン・エイジャー

脳科学者・中野信子が考える「眠り」のチカラ

#3 宵っ張りのティーン・エイジャー

2022/7/1

#4 眠れよ、人類

脳科学者・中野信子が考える「眠り」のチカラ

#4 眠れよ、人類

2022/8/1

#5 睡眠という最高の癒やし

脳科学者・中野信子が考える「眠り」のチカラ

#5 睡眠という最高の癒やし

2022/9/1

#6 昨日眠った自分は、今朝起きた自分と同じ?

脳科学者・中野信子が考える「眠り」のチカラ

#6 昨日眠った自分は、今朝起きた自分と同じ?

2022/10/1

週刊文春 最新号にて、葉加瀬太郎さんのお気に入りで、エスカルゴピローが紹介されました

週刊文春 最新号:5月5日・12日号 (発売日2022年04月28日) 【MY Favorite Things】に、ヴァイオリニスト葉加瀬太郎さんのお気に入りが掲載され、ロフテーのエスカルゴピロー・S型ボディピローが紹介されました。

「枕に頭を預けて、空中に漂うような感覚」と、独特の表現でロフテーの枕との出会いを語ってくださっています。

全国のロフテー枕工房では、ゴールデンウイークも皆様のお越しをお待ちしております。
混雑が予想されますので、ご予約いただいてからのご来店がおススメです。この夏は新しい枕で快適な睡眠を!

ご来店予約はこちら
https://www.lofty.co.jp/shop/

葉加瀬太郎さんが愛用「エスカルゴピロー」
https://loftyonlineshop.com/SHOP/073064.html
身体の大きな方にもおすすめ「S型ボディピロー」
https://loftyonlineshop.com/SHOP/503600.html

2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
pagetop